iconラボ型開発のメリット
icon
優秀なエンジニアチームを必要な期間(通常6ヶ月以上)確保できます。
icon
要件、仕様変更に柔軟に対応できます。
icon
最短2週間でチーム構築可能、一時的な開発増員にも対応できます。
icon
エンジニア一人あたりの開発コスト、保守運用コストの削減ができます。
icon
中長期的にエンジニアチームを確保することで、プロジェクトのノウハウを貯めることができます。
icon
気に入ったブリッジSE、開発者がいた場合、御社への採用もできます。
ラボ型開発と請負開発の違い
図1 ラボ型開発と請負型開発の違い
image
image
形態
契約内容
特徴
ラボ型開発
働いた時間に対して対価が発生する
仕様が完全に確定しきっていない状態から変更を前提とした開発の進行が可能。お見積もりは確保するエンジニアの数と期間で決まります。同チームの中長期契約でノウハウを蓄積可能。気に入った開発チームであれば御社で直接採用も可能。
 
形態
契約内容
特徴
請負開発(受託開発)
成果物に対して対価が発生する。
仕様が明確に定義されている場合、納期・費用を事前に固定して開発を進められるので予算面ではリスクが少ない。仕様の見直しに伴う納期・費用の変更は随時相談。
 
iconラボ型開発体制図
オフショア開発の中には、
ラボ型開発と受託開発(請負開発)の2つの契約形態がございます。
リモートラボ型開発
ラボ型開発の体制には大きくわけて、

リモートラボ型開発

オンライトラボ型開発

の2つの体制がございます。

要件定義をある程度することができるお客様や開発規模が比較的小さいお客様の場合はリモートラボ型開発を発注されるお客様が多いです。

お客様は日本のお客様のオフィス、弊社のラボマネージャーはベトナムのオフィスに出勤し、マネージメント、開発を行います。ミーティングは主にSkypeやZoomなどのオンラインミーティングで行います。
image
オンサイトラボ型開発
オンサイトラボ型開発とは、弊社の日本人、あるいはベトナム人BSEが御社オフィス内に常駐し、同BSEがベトナムにいるエンジニアに指示を出して開発を行うスタイルです。

御社社内にプロジェクトマネージャー、要件定義ができる人がおりますので、御社にはアイデアを言っていただけるだけで十分です。

リモートラボ型開発よりも密にコミュニケーションを行うことができるので、大規模案件のお客様や、ITの知識があまりないお客様にオススメする開発するタイルとなります。
image
iconラボ型開発契約までの流れ
注意:
shellfaお客様
icon
お問い合わせ
お問い合わせフォームからご要件、ご予算、仕様書などを添付いただき、お問い合わせいただきます。デザインファイルなどがございましたら、後ほど送付お願いいたします。
icon
お打ち合わせ、ヒアリング
弊社からの質問事項を質問させていただき、フィードバックいただきます。弊社サービスのご説明と、貴社プロジェクト内容、それに必要となるスキルセットなどを伺わせて頂きます
icon
提案・見積もり提示
お伺いした内容をもとに、どのような開発形態(請負開発かラボ型開発か)がよいか、概算の見積もりなどをご提案させて頂きます
icon
契約締結
提示させていただいた提案・御見積もりが合致すれば、契約締結となります。
icon
業務開始
請負開発では仕様書、デザインファイルがございません場合は、仕様書、デザインを作成後、開発作業に入ります。
ラボ型開発では専属のチームを2週間ほどで用意し、開発をしながらフィードバックいただき、要件定義をしていきます。
icon
業務の振り返り
提供サービスのレベル向上のため、貴社と業務を振り返り・評価を行います。
「こんなお悩みありませんか?」
icon詳細見積もりが欲しい!
icon大規模開発を行いたいが現在リソースがない!
icon料金シミュレーションだけでは満足できない!
iconオフショア開発のパートナーを探している!
icon仕様書・設計書を作成して欲しい!
iconアイデアしかないので、コンサルからして欲しい!
シェルファ専門のコンシェルジュに
お任せください!
次へ
image